4月に入りましたね。

我が家では、中3だった娘が高校に。

高3だったお兄さんは、浪人生になりました。

 

お兄さんは家を出まして、寮生活をしながら浪人生活を送ります。

寂しくて寂しくて、しばらく落ち込んでいた私ですが、少し慣れてきました。

お兄さんは、入寮した当日に「友達ができた!」

数日して「痩せて、菅田将暉になった!」と言っていましたが、

君は痩せても菅田将暉にはなれませんよ( ;∀;)

 

すでに小学生の高学年あたりには、この子は一人暮らししても大丈夫だなと思っていましたので、

何の心配もないのですが、単純に私が寂しいです(T_T)

 

娘ちゃんは無事に志望校に合格しましたので、一安心。

自己採点を聞いたときには家族全員で絶句。

お兄さんが一言「それって受かるの?」と。

青ざめた私達ですが、

本人は「受かるっしょ♪」、「部活何にしようかな♪」と

まるっきり心配するそぶりも見せませんでした。

根拠のない自信?に満ち溢れておりました。

 

入学前のオリエンテーションで、山のような宿題を出され、

校歌も併せて、10曲を超える応援歌を入学までに覚えてくるように言われて、

意外と余裕のない春休みを過ごして、登校日となりました。

(もちろん公言したように、時間をやりくりして遊びも一生懸命やりましたよ)

 

たぶんぜんぜん覚えていない応援歌、

応援団にしごかれることでしょう。

いい経験です。

 

昨年まで通ってくれていたSちゃんも無事に合格とのこと。

よかったです。おめでとうございます。

楽しい高校生活が送れますように。

 

私は何年たってもなんの代わり映えもしませんが、

お兄さんに「痩せる」約束をしたので、

菅田将暉になった?お兄さんに合わせて、

私も「何か」にならねばと思います。

私は痩せたら誰になれるのかなぁ。。